広告

小学校高学年も楽しめる おすすめ映画DVD(学校系)

インドDVDおすすめ

こんにちは。

先日、小学生の娘ユエとみた「奇跡の教室」という学校モノの映画がとても良かったので「学校」で思いつく、その他おすすめ作品と共に紹介します。

奇跡の教室

落ちこぼれクラスの子供たちと教師の物語!映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』予告編

貧困層が暮らすパリ郊外の高校に通う様々な人種の生徒たちと「退屈な授業はしない」というゲゲン先生の実話をもとにした映画。勉強になんて興味のなかった生徒たちが、歴史だけでなく、信頼、協力、自信といった人生に大切なたくさんのことを学び成長していく様子がまぶしかったです。

ワンダー  君は太陽

映画『ワンダー 君は太陽』本予告60秒 6.15(金)公開

スターウォーズが大好きで宇宙飛行士になることを夢見る 10歳の少年オギーは遺伝子の疾患のせいで顔が人と違います。顔を隠せる宇宙飛行士のヘルメットがお気に入りだったのだけど、ヘルメットをとって学校に入学することに…。

原作も素晴らしいのですが、映画の中の宇宙服で跳ねるオギーが本当に愛らしいです。

映画ではオギー・ヴィア・ジャック・ミランダの視点で物語が描かれていましたが、 原作の本「ワンダー」には続編の「もうひとつのワンダー」もあり、より多くの登場人物それぞれの視点が描かれているのが興味深いです。

「もうひとつのワンダー」を読むと「いやなやつ」が「遠回りしちゃったやつ」になるんだよね。両方読むともっとおもしろい。

ショート・ターム

11.15公開『ショート・ターム』予告編

未成年の短期保護施設「ショート・ターム12」が舞台のお話。主役のケアテイカーを演じるブリー・ラーソンがとにかく良いです。

世界の果ての通学路

映画「世界の果ての通学路」予告編

命の危険のある通学路にも驚いたけれど「学びたい」という彼らの意欲にも驚嘆するばかりでした。学びたい子ども全てに十分な機会が与えられる世界であるといいです。

きっとうまくいく

映画『きっと、うまくいく』(5/18公開)特別映像【公式】ボリウッド4

名門大学に入学したエリート学生たち。大学を舞台に彼らの友情や競争社会の問題を描きつつ、ひとつの大きな物語に落とし込んでいくところが本当に素晴らしい。小学校低学年だったユエが何度もみて劇中のヒンドゥー語の歌をすっかり覚えてしまったくらい気に入っていました。:)

主役のランチョーを演じるアーミール・カーンが大好きなので、彼の「きっとうまくいく」以外のおすすめ作品も以下に置いておきます。

Like Stars On Earth 地上の星たち

空想ばかりしていて問題児とされてきた少年が、ある美術教師によって才能を開花させていくお話。

現在販売されているDVDは英語字幕のみのようです。

Netflixだと日本語字幕でみることができます。(2020年2月現在)

地上の星たち | Netflix
問題児扱いされてばかりの空想好きな8才の少年が、全寮制学校で1人の美術教師との出会いを通して、豊かな想像力と真の才能を少しずつ開花させていく。

PK ピーケイ

映画『PK』日本版予告

「PK ピーケイ(酔っぱらいの意味) 」と名付けられた地球外からきた男が故郷に帰るために「神様」を探すお話。神とは、宗教とは、と考えさせられる映画です。

ダンガル きっと、つよくなる

【公式】『ダンガル きっと、つよくなる』大ヒット上映中!/本予告

昔ながらの価値観が色濃く残るインドの農村。年頃になったら面識のない男性と結婚―そんな自由な選択肢のない人生を受け入れるしかない女性が多数存在するインド農村出身の女性がレスリング選手としてメダルに挑戦する、実話を元にした映画です。

シークレット・スーパースター

映画「シークレット・スーパースター」日本版予告編

こちらも「ダンガル」同様、夢を追いかける女性のお話。アーミール・カーンはプロデューサー役なのですが、あやしいひと昔前のスター臭がすごくて、吹き出してしまうこと必須。:)

どれがおすすめかなと順番をつけようかと悩んだのですが、どれも良い…。

ピンときたら、是非お子さんとご覧ください。