広告

小学社会|日本史・地理・憲法 ホームスクール教材

textbookホームスクール

こんにちは。

わが家のホームスクーラー小学生ユエは、歴史ものマンガや読み物が大好き。興味があるので歴史の教材は何でも手当たり次第に読んでしまいます。

「好き」というのはすごいなと感心しきり。

歴史以外の小学社会「地理」や「政治」も楽しく学ベる本や教材があったらいいのに…と探してみたらありました。最近イチ押しの歴史マンガとともに紹介します。

小学社会|日本史のおすすめ教材

まず日本史。

マンガは読むのが楽しいからどんどん読んじゃうけど細かい解説とかほとんど覚えてない。歴史だけじゃなくてことわざとかも本気で覚えたいとき文章の本の方がわたしは覚えられる。

マンガも本も好きなユエ。覚えるような勉強には「本」がいいそうで。そんな風に使い分けていたなんて知りませんでした。これは子どもによって、絵・文章・対話・動画と理解や記憶にそれぞれ好みがありそうですね。

合格する歴史の授業 上・下巻

おもしろい歴史マンガは読むだけで歴史の流れが頭に入るのがいいところ。ですがユエはマンガだけだと細かいところは覚えきれないと言います。

松本亘正先生の「授業」シリーズは文章で構成されているものの語り口調で読みやすいです。歴史の流れだけでなく重要人物や事がらについても詳しい解説がありわかりやすくておすすめ。

特に、歴史マンガでは物足りなかった明治時代~戦後の重要人物ことがらがこの本でよくわかったということです。

カリスマ先生の合格授業 日本の歴史 上・下巻

「合格する授業」がよかったので同じ著書の他の本も気になって2008年出版の「カリスマ先生の合格授業 日本の歴史」も古書で入手。

全く同じではありませんでしたが文章や流れには変化はなく、同様の箇所もいくつかありました。

「カリスマ先生の合格授業 日本の歴史」は2008年出版、一方「合格する歴史の授業」は2019年出版なので、リーマンショックや東日本大震災の表記あり。あと「カリスマ先生の合格授業 日本の歴史」のみ「暗記のワザ ゴロで覚えよう」という年号語呂合わせがでてきます。

似てるけど「カリスマ先生の合格授業歴史」は文章が長い感じがする。新しい「合格する歴史の授業」の方が読みやすいかな。中身は被っているので、どっちかで大丈夫と思う。

マンガだと「ナントカ条約でどことどこが仲良くなりました」とかあっても話の本筋と関係ないことは読んでもあまり覚えてない。でも本だと条約の中身も箇条書きになってたりして、こういうことを決めたのかと勉強になる。

戦国小町苦労譚(せんごくこまちくろうたん)|コミック版

農業高校に通う女子高生の静子さんが、戦国時代にタイムスリップ。織田信長のもと、尾張の国で次々と農業を発展させていくが…。

Kindleunlimited 対象になっていた「戦国小町苦労譚」1巻。(2020年7月現在)

女の子が主人公の戦国タイムトリップものね。とりあえず1巻だけ読んでみようかな

軽い気持ちで読んでみたら、私がどハマりして全巻購入してしまいました。もちろんユエもおもしろいと7巻の発売(2020年9月)を今か今かと待ち焦がれています。

戦国ものには欠かせない織田信長ですが、この作品では怖い暴君ではあるけれど好奇心が旺盛で先見の明のある賢い魅力的な人物に描かれています。また「性的な対象」としてだけで描かれる女性が皆無なのも◎。

「知識」で相談役にまでのぼりつめた静子さんを見ていると、勉強欲もわいてくるかも。とにかくおもしろいのでご一読を!

小学社会|地理のおすすめ教材

合格する地理の授業 47都道府県

「合格する地理の授業 47都道府県」で得た知識をチョイチョイ披露してくれるのですが、大人の私でも「へえ~っ」と感心することが多くて、豆知識の大好きなユエは得意気です。

語り口調なのが読みやすいし雑談もおもしろい。

暗記シートが付いているのでクイズ感覚で重要な語句も覚えられる。でも本にある豆知識は細かいから覚えるのに何回も読んじゃう。

「地理」につきものの「地図」は各項目に1つしかないからこれだけだと覚えられない。

合格する地理の授業 日本の産業編

こちらは今ユエにリクエストされていて近日中に購入予定。

「合格する地理の授業 47都道府県編」の気に入りようからすると、こちらもおもしろいはず。購入者のレビューも上々です。

中学入試にでる順 社会 地理

スタディサプリの社会の玉田久文先生の名前をみつけて思わずポチッ。

簡潔に要点がまとめられているのはいいけど、玉田先生の「社会大好き!」なところが感じられない。単位ごとにある「入試にトライ」で毎回自分の理解度を確かめられるのは良かった。

小学社会|政治・憲法のおすすめ教材

歴史マンガではくわしく学べないのが政治のこと。社会のしくみにも興味があるので小学社会の学習範囲はおさえておきたい、ということで選んだのが「ポケでる社会 政治・国際」

ポケでる社会 政治・国際

小さい本に重要なことしかないけど図が豊富でわかりやすい。社会って教科書を全部読んで覚えればいいかと思ったら情報が多くて無理だった。でもこの「ポケでる社会政治・国際」は何を覚えたらいいのかが簡潔にまとめられてる。

簡潔なのが長所だけれど、単語の説明がないものもちらほら。そんなときに活躍するのが「?に答える!小学社会」です。

?に答える!小学社会

小学校の社会の「教科書」もことばの解説がくわしいけれど、範囲が大きくてわからないことをピンポイントで探しにくい。その点「?に答える!小学社会」は索引がひきやすいのだとか。

わからないところを確実に「索引」で調べられて、「関連リンク」で気になる関連情報もみていくと、もっともっと知りたくなって学べるらしいです。

社会の勉強でわからない言葉がでてきたときは「?に答える!小学社会」か「教科書」で詳しい解説を読む。

最近は電子辞書の「かんたんサーチ」も使うよ。たいてい「ブリタニカ」や「きっずジャポニカ」で解説がみつかる。

でも「ブリタニカ」だと解説がむずかしい時がある。そうなると「?で答える!小学社会」が良いかなと思う。

ちなみにわが家で活躍中の電子辞書はカシオの小学生モデル。↓

ほとんど憲法 上・下巻

法律は大人にとっても難解だったりしませんか。子どもならなおさら。そんな法律も楽しく読ませてくれるのが「ほとんど憲法」です。ユエはこの本で憲法に興味津々。

作者の子供時代のおもしろエピソードが憲法に繋がっていくのですごい。本文がとてもおもしろいのに加えてマンガも思わずふきだしちゃうくらい可笑しい。

トミナガについてのエピソード、全部覚えちゃった!

憲法に子どもの人権がこんなに書かれているんだなっていうのが初めて分かった。

こども六法

悲しいけれど「いじめ」が社会問題となっている日本。

いじめや虐待は犯罪だという認識を子どもだけでなく、大人もしっかり持っておくためにも必読の1冊。

こども六法【公式】<子ども向けの法律書-日本>
こども六法の公式ホームページです。 こども六法は子ども向けに法律を翻訳した本です。いじめ・虐待といった、子どもの問題に、法律という大人の解決方を用いることで、事態の悪化を防ぐことを目的に作られました。教育現場や家庭でぜひこの本を活用してください。

自由で安心な生活を守るためのルールである法律。その中から子どもに関係のあるもの、子どもが知っておいた方がよい法律をあつめてわかりやすく説明してあります。

この本で「いじめ」は犯罪だということ、そして「いじめ」に苦しんでいる子どもには「法律」という強い味方がいることを知らせなければ。正しい知識を味方にしましょう。

前に憲法をそのまんま読んだら、むずかしいしわかりづらくて頭に入ってこなかったけど「子ども六法」はスラスラ読みやすかった。

ローザ

ひとりの誠実で静かな女性ローザ・パークス。「市バスで席をゆずるのを拒む」ことで人種差別への反対運動に火をつけました。静かな決意で歴史を変えたローザの「バス・ボイコット事件」を描いた絵本。コラージュとイラストで構成された美しい挿絵とともに強いメッセージが心に残ります。

アメリカの人種差別問題でキング牧師の名前は知っていたけど、実際にどんな差別が存在したかとか運動のきっかけをこの「ローザ」で知ることができた。

最後に、SNSでシェアされていた投稿記事「1968年にジェーン・エリオット先生がはじめたアメリカの小学校での『差別』についての授業」がとても興味深かったのでこちらでもシェア。

※2020年10月追記:上記の動画リンク先がエラーとなっていたので削除しました。DailyMotion内で剣 kennさんがアップされている同動画の「青い目 茶色い目」に変更。

法律や権利、社会問題などの大切なこと、これからも子どもと一緒に学んで話し合っていきたいですね。

最後に「歴史マンガ」の過去記事リンク

他にも社会の勉強が好きになりそうな「おすすめ歴史マンガ」、過去記事で紹介しているのでよろしければみてみてください。

日本史が好きになる マンガとドラマ

日本史が好きになる マンガ②

世界史が好きになるマンガとドラマ